FC2ブログ
φ(。。;)<メモメモ
自分用メモメモ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EFI Shell USB起動ディスクの作り方
EFI Shell起動USBの作り方です。

「USBメモリのDOS起動ディスクの作り方」で作ったUSBスティックを使用します。
※ 新規に作る場合は、フォーマットタイプは「FAT32」でフォーマットして下さい。

今回作る起動ディスクはIntel製のマザーで起動する様に作ります。
ASUS製のマザーで「Launch EFT Shell from filesystem device」でも使えるように
色々とやってみましたがダメでした。Not Foundと出て起動できません。
ファイル名が違うのか、フォルダパスが違うのか、理由は分かりませんでした。
Intel製としているのはうちの動作確認環境がIntelのマザーのみだからです。
他のメーカーのマザーでも使えるかどうかは不明です。

参考にしたホームページ
ttp://sourceforge.net/apps/mediawiki/tianocore/index.php?title=ShellPkg
ttp://technet.microsoft.com/ja-jp/library/hh825112.aspx

上の日本語ページっぽいです。
ttps://wiki.archlinux.org/index.php/Unified_Extensible_Firmware_Interface_%28%E6%97%A5%E6%9C%AC%E8%AA%9E%29

では、作り方です。

1) EFI Shellを拾ってきます。
  ※ 用途に合わせて、Ver1.0か2.0を選んで下さい。
EFI Shell 1.0版
ttps://edk2.svn.sourceforge.net/svnroot/edk2/trunk/edk2/EdkShellBinPkg/FullShell/X64/Shell_Full.efi

EFI Shell 2.0版
ttps://edk2.svn.sourceforge.net/svnroot/edk2/trunk/edk2/ShellBinPkg/UefiShell/X64/shell.efi

2) 拾ってきたファイルを「shellx64.efi」へリネームします。

3) USBに「EFI/BOOT」というフォルダを作成します。

4) 2でリネームしたファイルを「EFI/BOOT」へ置きます。

コレでEFI Shell起動USBは完成です。

コレで起動できなかった場合は、
フォルダを
/boot/efi/
/EFI/Microsoft/boot/
にshellx64.efiを置いてみて下さい。
それでもダメな場合は、shellx64.efiをbootx64.efi or shell.efi に変えてみて下さい。

これも試して見る価値があるかも。
\EFI\refind\refind_x64.efi

M/Bのメーカーに依って違いがあるかもです。
色々試して見て下さい。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tkas3.blog.fc2.com/tb.php/3-607f06ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。